中江町の四季

宮島内には山桜、ソメイヨシノ、しだれ桜、大島桜など多品種の桜がある。
中江町では、宝蔵前のしだれ桜、藤の棚公園のソメイヨシノが美しい。藤の棚公園では夜には桜がライトアップされ、幻想的な風景が見られる。4月下旬ごろになると薄紫色の藤の花が満開を迎える

紅葉谷公園のイロハモミジの新緑が生き生きとし、納涼の地として親しまれている。またこの時期、紅葉橋の朱と新緑が映える。宮島では太陽は山に沈むため、海に沈む日の入りを見ることができない。したがって、雲に映る夕陽をみることになるのだが、この時期の様々に変化する雲によって、赤や紫に染まった夕陽が見られる。

紅葉谷公園の約700本もの紅葉が紅葉谷川にそって広がり紅葉する。中江町は紅葉谷公園や弥山登山で紅葉狩りを楽しむ客で賑わう。夜はライトアップが行われる。

宮島でも雪がうっすら積もる事がある。空気が透き通って夜空の星が美しい。宮島の名物「牡蠣」がもっとも美味しい季節。温泉に浸かってのんびり滞在も趣きがある。

この記事を書いた人

運営スタッフ